2007年07月07日

総合選抜廃止...!!!

ESTのホームページへ

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) ずばり予想通り、『伊丹学区、総合選抜を廃止!!』
7/7(土)の朝刊の阪神版に載りました。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

「県教委は総合選抜制度を'09年度入試から廃止する」と発表しました。
それにともない複数志願選抜&特色選抜を導入、実施します。

宝塚も選抜制度の検討委員会を設置し、今年度中に意見書を提出する予定です。
これで、総合選抜制度は兵庫県より消滅してしまうことになります。

この制度の導入で、高校間格差と中学校間格差が顕著になることは明白です。

高校では、大阪の単独選抜のように序列化が進行します。

中学校では、レベル格差が顕著になります。
例えば、緑台高校にA中学から40名ぐらい、B中学から20名ぐらい、
C中学からだと10名ぐらいなんてことが…??

現実に大阪の豊中市では、北野高校に11中からだと20名前後、3中からだと15名前後、
1中からだと5〜6名前後、中には1名いけるかどうか…?ということが実際におこっています。
内申点の付け方はどの中学校も同じなのに…です。

つまり、当日の入試でどれだけとれるかが、ますます重要になってくるということです。
実力が今以上に重要になってくるということです。

中2生に告ぐ、“実力強化”をはかろう...!!!

posted by EST at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック