2009年02月05日

公立高校推薦・特色選抜入試の倍率確定...!!

トップページへ戻る

2月4日3時で公立高校の推薦・特色選抜の志願が締め切られ、倍率が確定しました。

塾生が関係する主なところを列挙してみます。

■推薦入試の志願状況では
左から、推薦定員・志願者計(男子・女子)・今年度倍率(昨年度倍率)です。

・伊丹北[総合] 120名・230名(90名・140名)・1.92倍(2.02倍)
・市尼崎[体育] 80名・116名(85名・31名)・1.45倍(1.76倍)
・宝塚北[演劇] 40名・53名(2名・51名)・1.33倍(1.75倍)
・日高[看護] 40名・49名(0名・49名)・1.23倍(1.03倍)
・尼崎稲園[単位制] 120名・230名(128名・102名)・1.92倍(2.25倍)

■特色選抜の志願状況では
左から、選抜定員・志願者計(男子・女子)・今年度倍率です。

・緑台[数理探求] 14名・48名(34名・14名)・3.34倍
・北陵[科学教育] 40名・40名(34名・6名)・1.00倍
・明峰[国際情報] 24名・17名(6名・11名)・0.71倍
・猪名川[教育コミュニケーション] 18名・36名(6名・30名)・2.00倍
・県伊丹[自然科学] 32名・106名(67名・39名)3.31倍
・伊丹西[総合ヒューマン] 32名・49名(10名・39名)1.53倍

明峰だけ定員割れし、緑台は倍率としては市西宮につぐ2番目、
県伊丹は3番目の高さになりました。

いずれにしても、現実を見つめ、それぞれの学校にあった、適正試験対策を行っていますので、最後の締めをきっちり行っていこう...!!! 手(チョキ)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)



 

posted by EST at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック