2006年12月13日

How To Success‥入試理科(SCIENCE)

トップページへ戻る


次は苦手な人が多い、理科〔Science〕

特に学習の目標を明確にしよう。。。!!

理科は自然を対象にしています。ですから教科書の内容をしっかりと理解し、
その現象を確実に説明できるようにしましょう。
さらに、その現象に対する基礎問題を行ってください。
実験機器や観察の道具の名前も必ず覚えておきましょう。

物理的分野や化学的分野(第1分野)における計算は比例や割合が多いので
十分練習をしておいてください。
また、単位をしっかりと把握し、その意味を読みとれるようにしておいてください。

グラフや表も多く出題されています。
グラフの示す意味、読みとりを確実にできるようにしておいてください。

生物的分野や地学的分野(第2分野)においては生物名や物質名とその図をセットで
覚えるようにこころがけましょう。
グラフや表などを参考にして解答する問題も多くあるので練習しておくことが大切です。

最近では、実験、観察のモデルや測定値を記し、それを読みとって判断し法則や関係を示す式を求めるような問題が出題されるようになってきました。
このような場合は文章通りに要点を個条書きにしていき変化の規則性など
を判断する力を養ってください。
決して問題と“けんか”しない、素直に問題と接するようにしましょう。
答案はできるだけ丁寧に書き、あなたの意思が伝わるように心がけましょう。

字は濃く書くことが必要です。
さらに、各高等学校において、いろいろな特徴があります。
それに慣れるためにはやはりその高校の過去の問題に接しておく必要があります。
志望校の出題傾向をよく把握してください。

受験当日の体調も合否を大きく左右します。
健康管理にも十分に気を付けましょう。
以上のことを参考にして、
この1・2ヶ月を全力で学習し後悔しないように過ごしてください。

●公式を丸暗記するよりも、公式の意味を理解すること...exclamation
■計算を日頃から慣らしておこう...exclamation×2

ひらめきひらめき。。健闘を祈ります。。ひらめきひらめき
posted by EST at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2300775

この記事へのトラックバック